お祝いの花「胡蝶蘭」は通販を利用して購入しよう

人生や日々の生活の中においてさまざまなシーンにおいて訪れるのが「お祝い」です。

この「お祝い」ですが、内容や相手によってもそれぞれ事情や内容は異なります。

相手に対して何を贈ったらいいのか悩んでしまうのが「お祝いの品」です。

失敗しない贈り物として、選ばれているのが「胡蝶蘭」です。

「お祝い」=「胡蝶蘭」というイメージがありますが、どうしてお祝いの品として選ばれているのか

知っている方は、それほどいらっしゃらないでしょう。

今回はそんな方のために「胡蝶蘭」にまつわるお話しを致します。

胡蝶蘭はなぜお祝いで贈られるの?

胡蝶蘭

胡蝶蘭はお祝い事の品としては大変人気があります。

定番とされるお祝いの品ですが、選ばれる理由はいったいなんなのでしょうか?

その理由は主に以下の4つの理由があります。

「胡蝶蘭」のもつ花言葉の意味

代表的な理由として花を贈り物として贈る場合には、その花の言葉があります。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」、鉢植えは「根付く」という意味があります。

このことから「幸せが定着する」となり、縁起が良いとされるからです。

花粉・香りが少ない

ニーズやシーンによっては花粉や香りが嫌がられることがあります。

その点胡蝶蘭は花粉・香りが少ないことから、どんなシーンでもマッチするからです。

例えば飲食店や医療施設の開店、開業などにもマッチします。

花持ちが良い

胡蝶蘭の手入れはとても簡単で2~3カ月以上ももち長い間、美しさを楽しめるからです。

シーズンレス

胡蝶蘭は一年中栽培されるので「旬」がありません。

どの季節でもその美しさ変わることなく、贈り物としてはとき期を選ばないことが特徴です。

どのようなお祝い事に胡蝶蘭は贈られる?

祝い

胡蝶蘭を贈るのは次のようなシーンが最適です。

開業祝い・開店祝い・開院祝い

主に飲食店や各種店舗の開店祝いや、病院などの医療施設の開業祝いなどです。

贈るタイミングとしては、オープン前日となります。

昇進祝い・就任祝い

上司や取引先の方、親戚や兄弟などの身内、友人なども含め昇進や就任された方へのお祝いとして贈っても大変喜ばれます。

ビジネスシーンでのお祝いに最適です。

贈るタイミングとしては

昇進祝いの場合は、正式な辞令を知ってから一週間以内が目安です。

就任祝いの場合は就任日当日、または就任式当日が良いでしょう。

新築祝い

一軒家など新築を購入された場合などのお祝いの品としても胡蝶蘭は最適です。

新築の場合、必要に家具や雑貨、インテリア製品や観葉植物などを贈られることもありますが

これらのものは相手の趣味やセンスもあり、選ぶのに気を使うところでもあります。

その点胡蝶蘭であれば、どんな家にもマッチし華やかに彩りを添えてくれます。

お祝の花「胡蝶蘭」は通販でどのくらいの価格で買える?

お金

実際に胡蝶蘭を贈るときに迷うのが

どれくらいのグレード、価格のものを贈ればいいのかということですね。

贈る相手や、飾る場所、贈るシーンによっても全く異なります。

ビジネスシーンでもよく贈られる胡蝶蘭。相手のニーズに合わせた気の利いたものを選びたいものです。

開業祝い・開店祝い・開院祝い

新しく事業を始めることのお祝いとして、おめでたい「黄色」の胡蝶蘭がおすすめです。

一般的なものとしては1~3万円ほどの価格帯のものを、

重要な取引先などには3~5万円ほどのものが最適です。

昇進祝い・就任祝い

ビジネスシーンで最も喜ばれるのが「白」の胡蝶蘭です。

華やかで豪華な印象をもたらせます。

一般的な取引先には30,000円ほどのものを、

重要な取引先の方には35,000円ほどのものを

上司には25,000円ほどのものを

同僚や部下には20,000ほどのものが最適でしょう。

新築祝い、移転祝い

一般的なものとしては、1.5~2万円ほどのものを

より深いお付き合いの方へは2~3万円ほどのものがおすすめです。

胡蝶蘭を贈るときの注意点

胡蝶蘭をお祝いで贈るときには気をつけなくてはならないことがあります。

大人として恥ずかしい思いをしなくてすむように、この機会に覚えておきましょう。

贈り先の名前を間違えないこと

贈り物をするときの最低限のマナーです。

お祝い名や社名、役職名、名前などは間違わないようにしましょう。

特に漢字の間違い等はしないように注意が必要です。

名前を間違えるのはとも失礼に当たります。

メッセージの言葉に注意する

お祝いにふさわしくないネガティブな言葉の使用は避けましょう。

例えば「倒れる」「負ける」「破れる」「壊れる」など

他には「火」「煙」「燃える」「焼ける」など火事をイメージさせるものはNGです。

「赤」には気を付ける。

赤字を連想させる「赤」の使用は避けましょう。

「火事」「赤字」を連想させるものはNGです。

「お見舞い」には贈れません。

胡蝶蘭に限ったことではありませんが、鉢植えの花はお見舞いには贈ってはならないのです。

鉢植えは「根付く」というイメージから怪我や病気が治らないと連想させるからです。

まとめ

胡蝶蘭の花言葉や花粉・香りが少ないこと、花持ちが良いこと、旬がないためどの季節でも育てやすいことから、胡蝶蘭をお祝いに贈る方が多いことをご紹介しました。またそれは「開業祝い」「開店祝い」「開院祝い」「昇進祝い」「就任祝い」「新築祝い」など多岐に渡り、それらによって価格相場は異なってきます。

胡蝶蘭を贈る際は贈り先の名前を間違えないこと」、「ネガティブなメッセージは避ける」、「赤色は火を連想させることから避ける」、「お見舞いには贈らない」という点に気を遣ってくださいね。