胡蝶蘭を花束にして贈るときのメリットと注意点

胡蝶蘭をお祝いで贈ることを考えている人にとっての悩みは、どのような形で胡蝶蘭を贈ったら良いかということです。ギフトとしての花の贈り方をどのようにしたら良いかがわからず悩んでしまうのは、多くの人にとってありがちなことです。しかし、いざおめでたいことがあって胡蝶蘭を贈ろうとしたときにわからないと困ってしまいます。そこで、この記事では胡蝶蘭をお祝いとして贈るときに、花束の形にして贈る方法について紹介していきます。

胡蝶蘭は花束にできる? 花束にするメリットとは

胡蝶蘭は花束としても贈ることができる花です。花束の形で贈ることのメリットをいくつかご紹介します。

圧倒的な美しさ

胡蝶蘭の真っ白な花は、たとえ他の花の間にあっても非常に美しく存在感を発揮してくれることです。他の花では埋もれてしまい目立たなくなってしまうような場面であっても、胡蝶蘭の花であれば一目でわかる華やかさがあります。胡蝶蘭を使うことで、おめでたいことを祝うための花束をより一層華やかなものにすることができるのです。

花持ちが良い

胡蝶蘭はとても花持ちが良いです。胡蝶蘭は花束にしてからも、花瓶の水を取り替えてあげるだけで2週間から3週間程度は美しい花を保つことができます。

花びらが落ちたり花粉が散ったりすることもない花なので、部屋や服を汚してしまう心配もないのです。せっかく贈り物にする花がすぐだめになってしまうのは、とてももったいないうえに、相手にも迷惑をかけてしまいます。胡蝶蘭であればそういったことを気にせず贈ることができます。

どのような場所でも飾れば華やかに!

胡蝶蘭の花束はどのような場所にでも贈りやすいということです。

病院や飲食店に花束を贈る際には、どうしても衛生面が気になってしまうものですが、胡蝶蘭は香りが弱く花粉も少ない花なので、気軽に贈ることができます。どんな花束を贈ったら良いか悩んでしまうときは、胡蝶蘭の花束にしておけば安心して贈ることができます。

これらのメリットから、胡蝶蘭を花束にして贈るのがおすすめです。

胡蝶蘭の花束を贈ろう!おすすめのシーン

胡蝶蘭の花束を贈るのにふさわしいシーンがあるので、ご紹介していきます。

結婚式の花束贈呈

1つ目のシーンは、結婚式の花束贈呈の場面です。胡蝶蘭の花言葉は「純粋な愛」、「幸福が飛んでくる」というもので、結婚式の場面にふさわしい花であるといえます。

さらに白い胡蝶蘭には「清純」、ピンク色の胡蝶蘭には「あなたを愛します」という意味もあるので、胡蝶蘭を使うことで結婚を祝うためにはこの上ない花束にすることができるのです。

お見舞いの場面

胡蝶蘭の花には花粉あまりなく、強い香りを放つこともないという特徴があります。そのため、衛生面や周囲の人に迷惑をかけないことに気を使わなければならないお見舞いの場合でも、胡蝶蘭の花束であれば贈ることができます。

花びらが落ちて部屋を汚してしまったり、すぐに枯れてだめになってしまったりすることもない花なので、療養中の相手の負担になってしまうこともありません。病室に贈るのにぴったりの花束であるといえます。

記念日を祝う場面

結婚式の花束贈呈の場合と同様に、花言葉の良さから奥さんや彼女の記念日を祝うために贈るのにぴったりの花であるといえます。

大切な人の記念日を華やかな胡蝶蘭でお祝いしてあげましょう。また、卒業式や成人式、就任祝いといった若い人の門出の日を祝うための花束としても使うことができます。年長者の人から新しい一歩を踏み出す人の幸せを祈って胡蝶蘭の花束を贈ってあげるのがおすすめです。

胡蝶蘭の花束を贈るときに注意したいこと

胡蝶蘭は普段なら贈られて嬉しいものですが、場合によっては注意しなければいけないこともあります。ご紹介していきます。

胡蝶蘭を贈る相手の環境

実際に花束を贈る相手が花に触れる機会のある人であるかどうかです。

普段から花に触れることが少ない人の場合、花瓶を用意していなかったり、胡蝶蘭の取り扱いをどうしたら良いかがわからなかったりする可能性があります。特に独身の男性や高齢の男性の場合は暮らしの中で花に触れる機会がないことが多いので、贈る前に注意が必要です。このような場合、せっかく花束を贈ってもかえって相手にとって迷惑になってしまうことがあるので、贈ることを控えた方が良いでしょう。

お見舞いでの花束

見舞いに胡蝶蘭の花束を持っていく場合、生花の持ち込みが禁止されていないかです。胡蝶蘭は基本的には衛生的で病室に贈るのに向いている花ですが、感染症などを防ぐため、たとえ胡蝶蘭の花であっても厳格に持ち込みを禁止している病院もあります。

そのような場合は当然ですが、花束自体を贈ることを諦めるしかありません。また、病室に花瓶が用意されているか、花瓶の水を取り替えることができるかを気にしておく必要もあります。

贈る相手が気軽に動くことができない状態になっていて、水の交換など胡蝶蘭の世話をするのが難しい場合は贈ることは避けましょう。胡蝶蘭の花束は基本的にはおめでたいときに贈られるものですが、白い胡蝶蘭はお悔やみに使われるものなので、お見舞いの場合には白い胡蝶蘭の花束は避けるようにすることも大切です。

まとめ

胡蝶蘭は高価で、そして、なにより美しい花ですから、贈り物として、とても喜ばれます。贈り物としての特別感があるからです。

胡蝶蘭を贈る、というと、一般的に開店祝いや、なにか大きなイベントがあったときなどをイメージしがちですが、花束としてなら気軽にプレゼントできますよね。

花束にした形でのプレゼントなら、贈る側も贈りやすいですし、受け取った相手にも喜んでもらえるでしょう。

贈るタイミングや注意点はありますが、なによりも、あの優雅で美しい花の代表ともいえる胡蝶蘭を贈られて喜ばない人はまずいないでしょう。

そして、喜んでもらえると、贈った側も幸せな気持ちになれる、相乗効果で嬉しさが増す素晴らしい贈り物です。この機会にぜひ、胡蝶蘭を花束として、大切な相手に贈ってみましょう。

きっと、喜んでもらえます。この機会にぜひ、贈り物の候補として胡蝶蘭の花束を視野に入れてみてください。