シーンにふさわしい定番の胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭を贈りたいと思ったときに、失礼にならないよう定番のものを贈りたいですよね。開店・開業祝いなどのお祝いの場でのギフトとして、愛されている胡蝶蘭。ここではシーン別に、贈って失礼のない定番の胡蝶蘭をご紹介していこうと思います。「開店・開業祝いに定番の胡蝶蘭」、「キャバ嬢にプレゼント!定番の胡蝶蘭の選び方」、「冠婚葬祭に定番の胡蝶蘭の選び方」の順で見てみましょう!

開店・開業祝いに定番の胡蝶蘭

胡蝶蘭

開店・開業祝いに胡蝶蘭が喜ばれるわけ

新しくお店を出店する、新しい事業を始めるときは、おめでたいことですよね。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」です。今後たくさんのお客さんがきて、お店が繁盛するという願いにぴったりの花言葉なので、開店・開業祝いに最適のお花です。

更に鉢植えは「根付く」ことから、「幸せが根付く」という意味でとても縁起の良い贈り物として多くの方から愛されています。

「今後とも良好な関係を続けたい!」という想いを伝えることができるので、ビジネス関係を良好に進めることにも向いています

そしてなんといっても、高級感溢れる見た目と、品の良さが特徴的です。存在感と共に店内を華やかに見せてくれるので、人が集まる場所にうってつけのお花ですよね。

また、胡蝶蘭は花粉や香りがほとんど目立たないので、飲食店などもシーンを選ばずに贈りやすいといわれています。

胡蝶蘭は、お祝いの場に最適というのを改めてご理解いただけたかと思います。それでは、そんな開店・開業祝いに定番の胡蝶蘭を以下で見てみましょう。

開店・開業祝いに定番の胡蝶蘭の選び方

まず価格の相場として、一般的に2万円程度です。しかし、贈り相手との関係性で少し変化します。

・贈る相手が会社の取引先 1万~5万円

・贈る相手が知人     5千~1万円

・贈る相手が友人     1万~3万円

・贈る相手が身内     2万~5万円

相場は、上記を参考にしてみてくださいね。

開店祝い・開業祝いの胡蝶蘭を選ぶ際には、贈る相手先のスペースを考慮してあげる必要があります。スペースに余裕のある際は、大輪を贈って問題はないのですが、個人でやっているような小さなお店に贈るには、ミディ胡蝶蘭や大輪を贈るほうが無難でしょう。

また、お店の雰囲気に合ったお色を選んであげると喜ばれます。

参考までに色の意味合いをご紹介します。

・・・豪華な印象の「大輪白」は、主にビジネスシーンで贈られることが多いです。花言葉は「平和」、「純粋」、「誠実」、「清純」。「新しいスタート」を意味する色でもあるので、開店祝い・開業祝いには無難で喜ばれるカラーです。

・リップ系・・・リップ系というのは、白色の胡蝶蘭中央にリップと呼ばれている赤色の弁があることから、そのように呼ばれています。その見た目から紅白を連想させるため、縁起が良いとされています。ですから開店祝い、移転祝い、就任祝い、当選祝いなど、おめでたい場で多く贈られています。

・黄色・・・黄色の胡蝶蘭は鮮やかで派手な印象を与え、お祝いの場に贈られることが多いです。花言葉は「商売繁盛」、「活発な」、「幸運を呼ぶ」なので、開店祝い・開業祝いにぴったりです。黄色は雰囲気も明るくするので、愛されています。流通自体は最近なので、これからお目にかかる機会は多いと思います。

 

・紫・・・紫は、昔から高貴で高級感のある色として親しまれてきました。艶やかな紫は他

の胡蝶蘭とは一風違った雰囲気を醸し出し、ゴージャスな感じを演出できます。また、紫は長寿を意味する色でもあるので、「長く続きますように」と開店祝い・開業祝いにも適しています。

 

・ピンク・・・華やかさ、愛らしさを表すお色です。花言葉は「あなたを愛しています」という意味があります。女性に贈ると、喜んでもらえそうです。プロポーズや結婚式などでも、活躍しているお色です。

そして、必ず立て札やメッセージカードを添えてください。マナーとして忘れないようにしましょうね。

また、ラッピングをする場合は、赤一色は避けてください。「赤字や火事を連想させる」として、縁起が悪いと考えられています。

キャバ嬢にプレゼント!定番の胡蝶蘭の選び方

キャバ嬢

キャバ嬢に胡蝶蘭が喜ばれるわけ

胡蝶蘭は、高貴で上品な見た目から、女性はもらって嬉しいものです。キャバ嬢のお誕生日に胡蝶蘭を贈ろうと考える方は多いものです。

キャバクラに飾るとなると、すぐ枯れてしまうと、キャバ嬢は悲しいものです。尚且つ実際にお店に行った時に、飾られているところを自分の目でも確かめたいですよね。

胡蝶蘭を贈る最大のメリットは、
枯れにくく、花が長持ちすることです。2、3ヶ月以上もの長期間美しく咲き続け、長いことキャバ嬢とお客さんの目に止まることができます。長いこと飾られるのは、キャバ嬢もうれしいですし、贈った本人も誇らしいですよね。

キャバ嬢に喜ばれる定番の胡蝶蘭

価格の相場として、3万円以上のなるべく派手な印象を与える胡蝶蘭を選ぶべきです。それよりも安価な胡蝶蘭ももちろんありますが、なるべくなら大輪をお選びください。小さいものだと、はっきり言って見劣りしてしまいます。

もし価格を抑えたいのであれば、その中でも、一番格下の三本立ちでも十分豪華さはでます。

お色は、先ほどご説明したとおりいろいろな種類がありますが、ピンク、白が定番です。ピンクは「女性らしさ、愛情を」示す意味なので、キャバ嬢に贈る色として最適ですし、白は「清純」なので女性に喜ばれます。もちろんキャバ嬢の好きな色や、お店の雰囲気に合わせて贈るのもいいと思います。

冠婚葬祭に定番の胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭

結婚祝いの価格相場は、以下です。

・友人、知人 1万~3万円

・家族、親戚 5千~2万円

お色は、黄色・ピンクが定番カラーです。見た目も華やかですし、純白なドレスに映えます。また、黄色は「幸福を呼ぶ」、ピンクは「愛情」なので、2人の愛を誓う結婚式にぴったりです。

ところで、胡蝶蘭はお祝い事に対する贈り物として定番ですが、ご葬儀でも胡蝶蘭が一般的であることはご存知でしょうか?

ご葬儀の供花として適している条件は、

・トゲがないお花

・四十九日までは白一色のお花であること(白あがり)

なので、この条件を満たしている真っ白な胡蝶蘭はご葬儀に適しています。

真っ白な大輪の胡蝶蘭は見栄えがいいので、おすすめです。

ただ注意してほしいのは、四十九日までは必ず白を選んでください
ということです。逆に四十九日を超えてからは、徐々に派手な色合いにしていくのがマナーです。暖かいピンクや黄色などの色がおすすめです。

ラッピングは紫色が定番です。

立て札は必ず記入してください

まとめ

胡蝶蘭は育てやすく、一年中栽培されているので、季節を選ばずに贈ることができます。そんな利便性からも、多くの人気を集めています。胡蝶蘭の選び方で悩んだ場合は、お店に直接問い合わせてみると、丁寧に教えてくれます。マナーを守って、お相手に喜んでもらえるように選びましょうね。